月別:2017年9月

1/2ページ

解雇と退職の違いとは

退職と解雇とはどのようなものなのでしょうか?バブル崩壊によって日本に訪れた「終身雇用制の崩壊」は、日本全国の被雇用者に、何時いかなる形での退職、または解雇される可能性があることを知らしめた現象であったといえます。 しかし、退職や解雇はバブル崩壊によって発生したものではなく、それ以前から存在していた制度です。 解雇と退職を知る 物事には、必ず「始まり」と「終わり」があります。そしてそれは、会社と従業 […]

あなたの退職はどれ?

一口に「退職」といっても、その内容は「どのような理由で退職したか」によって大きく変化します。退職の内容によっては、退職後に得られる失業給付金の支払いにも大きな影響が及んでくるのです。では、退職にはどのような種類があるのでしょうか? 退職の種類を知ろう! 退職には、「定年退職」「自己都合退職」「会社都合退職」「早期優遇退職」などがあります。終身雇用制があった頃は、「定年退職」「自己都合退職」「解雇」 […]

もしも在職中に死亡してしまったら…

被雇用者が退職する、という状況は常に千差万別です。一つの会社を定年まで勤め上げる人、次々と転職を繰り返して自分自身のキャリアアップに活かす人、仕事上のトラブルや不満を理由にして会社勤めを辞める人、独立するために長年勤めた会社を退職する人と様々です。しかし、中には定年まで勤め上げられず不本意な形で会社を退職しなければならなくなってしまう人もいます。特に、被雇用者が事故や病気などで帰らぬ人となる死亡退 […]

解雇を詳しく知ろう!

退職が被雇用者に与えられた権利であるように、解雇もまた雇用者に与えられた権利であるといえます。解雇もまた、退職と同じように解雇理由によってその性質を大きく変えるものであるといえます。解雇にはどのような種類があり、どのような理由で解雇が行われるのかを解説していきます! 解雇とはどのようなものなのか? 解雇は読んで字のごとく、雇用者と被雇用者の間に結ばれた「雇用契約を解除する」ことです。雇用者である会 […]

健康上の理由で退職する場合

年老いた親や祖父母を介護する必要が生まれた場合、会社を辞めてでも介護しようとする人もいます。こういった場合、退職者はどのような処置を講じればいいのでしょうか。また、人間、生きている以上は絶対にケガや病気に悩まされます。 健康保険の範囲内で1ヶ月もかからず治る程度のケガや病気ならばまだしも、臓器移植が必要になるような大ケガや病気になった場合、入院期間は1年を越えることは珍しくありません。 病気・出産 […]

退職後に払わなければならない税金と保険料

「会社に勤めているときは、年金の積立金や健康保険料や税金は給料から天引きされていたので意識していなかった」という人も多いのではないでしょうか。 しかし、退職後は会社で入っていた健康保険から抜けなければならなくなる上に、厚生年金から国民年金に切り替えなければならなくなります。退職後、これらの支出は退職者の財布に重くのしかかってくることになります。 退職後に払わなければならない税金と保険料 就職した時 […]

退職のために知らなければならないこと

正社員が退職する際に知っておかなければならない事には、どのようなことがあるのでしょう。規制緩和により人材派遣業が認められるようになったことで、日本の社会は新しい問題を抱え始めています。派遣先や派遣元に何も告げぬまま突然姿を晦ましてしまう「バックレ」と呼ばれる退職が後を絶たないのです。しかし派遣社員と違って、正社員ともなると簡単に退職することは出来なくなります。 退職のために知らなければならないこと […]

退職時に貰う書類・書く書類

会社に退職願や退職届を提出しても、書類を書く必要が無くなったわけではありません。退職後に、役所やハローワークに提出しなければならない書類や会社を円満に離籍するための書類などを書かなければならないのです。では、退職が決まった後に関わってくる書類にはどのようなものがあるのでしょうか? 退職と書類について 退職願や退職届を出せば、退職のための手続きが全て終わるというわけではありません。退社のために行う手 […]

退職を見据えた休暇と貯蓄

もしも、退職することになったあなたの退職日が決まって、同僚への仕事の引継ぎもスムーズに進んだ場合、そろそろ退職後の生活が気になる頃ではないかと思います。 実際には、退職前にもう一度見直さなければならないのは、余った有給休暇や社内で積み立てた旅行費用や社内預金制度で預けたお金です。 退職とお金と休暇 退職後は、会社勤めをしていた頃よりも遥かに多くの自由になる時間を得る代わりに、収入源が雇用保険からの […]

覚えておきたい退職願いと退職届の違い

退職の決意も固く、退職のための書類を書き上げて直属の上司に提出して、上司のコンセサンスを得てさぁ後始末だ……と思いきや、気が変わって残留することになり上司に平謝り、という状況も少なくないかと思います。しかし、この「退職のための書類」である「退職届」「退職願」には、実は大きな違いがあるのです。この違いを知らなければ、あなたの退職撤回が受け入れられなくなることもあるのです。 退職願と退職届の大きな違い […]