失業給付金をどう受けた?様々なケース

失業給付金をどう受けた?様々なケース

失業給付金は雇用保険に一定期間以上加入していて、退職後にハローワークで手続きすることで受けられる手当てです。

ですが、勤続年数や退職理由などにより、それぞれ対応が違います。
今回は失業給付金を様々なパターンで受給したケース、受けられなかったケースなどを紹介します。

自分が失業給付金を受ける時の参考にしましょう。

失業給付金を受けるために

会社員アイコン01

東京都:Mさん

会社を退職後、すぐに失業給付金が受け取れる訳ではありません。

まず、退職した会社から離職票が届くのが、ハローワークで聞いたところによると退職後平均1~2週間程度(私は25日後でした)。届いた離職票を持ってハローワークに行き手続きをすると、受給資格が決定します。

そしてそこから7日間の「待機期間」というものがあり、これによって失業状態にあると見なされます。この待機期間が終了した翌日から、失業給付金は支給されます。

ちなみに、実際にお金が振り込まれるのは、受給資格が決定した日から1ヶ月後くらいです。

会社員アイコン02

北海道:るるさん

ハローワークで失業給付金を受け取りました。これまでハローワークに行ったことがなかったため失業給付金の手続きがわかりませんでした。

1番驚いたのが、証明写真を撮る必要があったことです。何も知らずに書類をもって並んでいたため、途中で写真を撮るために列を外れました。

幸い建物の近くに証明写真の機械があったのでその日のうちに手続きができましたが、事前に書類をよく読まないといけないと思いました。

ハローワークは市役所のように手続きの種類によって行く課が違うため慣れませんでした。

失業給付金は、ハローワークに「離職票」と「求職申込書」を提出した日から7日間の待機期間があります。また、必ず雇用保険説明会に参加しなければいけません。

手続きに必要な書類は事前によく確認しましょう。

上記の経験者は証明写真を持参しなかったため、最悪の場合、その日手続きすることができず、失業給付金が認定されるのが先延ばしになってしまう可能性がありました。

退職後すぐに失業給付金の手続きを

会社員アイコン03

青森:りんごちゃん

ハローワークで今回初めて手続きをして失業給付金を受け取ることになったので、知らないことだらけで戸惑いました。
最初、失業してから何をするのか良くわからず、しばらく放置していたのですが、すぐに手続きをしないと、どんどん失業給付金の受け取りが遅れていくということをしりました。

そんな訳ですぐに手続きにいかなかった自分ですが、後で知ったとは言え、すぐに行ったほうが絶対いいですね。
私の場合、会社都合の退職だったので、すぐに失業給付金を受けることができました。
ハローワークでは、ほかにも職業訓練なども受けられてすごく良かったです。

会社員アイコン04

横浜:Aさん

退職をしたらハローワークでの失業給付金手続きはすぐにした方がいいと思います。自分は1度目は解雇扱いだった事もあり、約10ヶ月で100万円以上の失業給付金を受け取ることができました。
ただ、2度目は自己都合退職のため失業給付金をもらうのに3ヶ月空いてしまうため、ハローワークで手続きするよりも先に転職してしまいました。ちょっともったいなかったかも。

失業給付金はハローワークで手続き後、7日間の待機期間を経て、自己都合退職の場合、待機期間の翌日から3ヶ月間の「給付制限期間」があります。

分かりやすく言うと、少なくとも3ヶ月間は失業給付金が出ないということです。
そのため、1日でも早く手続きを行いましょう。

手続きには離職票が必要です。

すぐに離職票を発行してくれない会社も中にはあるようです。退職してから10日以内に会社は離職票を発行しなければならないという決まりもありますので、確認してみましょう。

失業給付金の支給期間と支給額

失業給付金の支給期間と支給額

会社員アイコン08

大阪:みそのさん

私は勤続、10年で体調を悪くして会社を退職しました。

失業給付金を受ける為に、ハローワークに通って申し込みをしたのですが、ハローワークの係の人曰く、勤続10年なら4ヵ月間の失業給付金を支給する事が出来ますとのことでした。10年働いて、毎月、失業保険を払って来て、いざ受け取るとなると、わずか4ヵ月しか支給されない事に何かやるせなさを感じた事を覚えています。
今は体調も回復して、再就職して頑張っていますが、日本のセーフティネットって、頼りにならないなと実感しました。

会社員アイコン07

神奈川:MMさん

ハローワークに行って手続きを行います。

失業給付金は人によって異なりますが、上限が日当8,000円までになります。日割り計算をして、私の場合は9,215円で60%の5,499円でした。28日で、月153,972円です。
ハローワークには、その間月2回行くことになります。失業給付金は、銀行振込なのでハローワークで受け取る訳ではありません。

会社員アイコン05

徳島:ふゆみさん

長年勤めていた会社を退職し、ハローワークに失業給付金の手続きへ行ったときのことです。

元々の給与がそこまで高くなかったので、失業給付金にはあまり期待をしていなかったのですが、ハローワークで手続きをして具体的な金額を見て、想像をさらに下回る金額にがっくりして帰りました。
生活できないので、すぐに就職できるように動きました。

会社員アイコン01

山梨:むとうさん

自己都合で退職しました。

失業給付金を受けるためにハローワークへ行きましたが、給付制限が3ヶ月もあるので、失業給付金をもらえるのはハローワークに申請してから4ヶ月目に入ってからで、なかなか給付金はもらえませんでした。
そして受給制限中は夫の扶養に入り、また受給している間は扶養から外れるため、国民年金、国民健康保険料を払ったので、思っていたほどお金をもらえるわけではありませんでした。

会社員アイコン02

私は退職してすぐにハローワークに行き、失業給付金を最大限に受け取りました。
ハローワークで説明を受けながら「4月末まで受給権があるんだな」と計算し、半年間は月1回ハローワークに行く程度でのんびり過ごしました。
前職の貯金と失業給付金で生活は余裕があり、4月から就活をして5月1日に就職したので、1日も無駄にせず給付金とお給料を受け取れて、よかったと思います。

失業給付金の支給期間は、雇用保険に加入していた期間、年齢、退職理由によって決まります。
また、自己都合退職と会社都合の退職とでも違いが出ます。

金額は、勤務していた最後の6か月分の給料から日額を計算し、4.5~8割が支給されます。

スポンサーリンク

自己都合退職で受けた失業給付金

会社員アイコン03

退職してからハローワークで失業給付金の説明を聞くと、自己都合の場合は数ヶ月受け取れない期間があると知ってびっくり!幸い多少の蓄えはあったので、ハローワークに通いながら節約生活を送りました。
思ったよりスムーズに次の仕事が決まり、結局失業給付金は1カ月分しかもらえませんでした。でも「無職が続くよりはマシ」と自分を納得させ、働きはじめました。

会社員アイコン04

ハローワークで失業給付金を手続きしたのですが、自己都合で退職したので3ヶ月の給付制限がありました。それですぐ就職先が決まりましたので再就職手当をもらいました。
それから2ヶ月後に再就職先の企業が倒産してしまいハローワークに相談したら、再就職手当をもらって残りの失業給付金が45日残っていましたのでそれからまた残りの45日分の失業給付金をもらって助かった経験があります。

会社員アイコン05

失業給付金を受け取るのに、けっこう手続きが多いのにビックリしました。ハローワークで手続きをして、失業給付金に関する説明会に出ました。それから、月に数回、求職活動を行った上で、月に一度ハローワークでチェックが入ります。
おまけに、自己都合退職だったので、すぐに失業給付金を受け取ることはできず、待機期間が3ヶ月ありました。すぐにもらえるものだと勘違いしていたので驚いてしまいました。失業する前にちゃんと失業給付金のことを調べておくべきでした。

会社員アイコン06

以前仕事を辞めた時にハローワークに失業給付金をもらおうと行ったのですが、辞めてからすぐに再就職してしまっていたので失業給付金がもらえませんでした。
失業期間の制限があることを知らず、仕事を辞めると誰でも必ずもらえると思っていたので、再就職の前にハローワークに失業給付金について相談しに行けば良かったと後悔しました。

事前知識がなく、失業給付金がすぐに出ると思っている人が少なくないのが分かります。

すぐに再就職先が決まり、再就職手当を受けたケースと受けられなかったケースがありますが、受給資格が決まった後にハローワーク経由や厚生労働省が認可している職業紹介者経由で再就職が決まった場合、再就職手当が支給されます。

会社都合退職で受けた失業給付金

会社都合退職

会社員アイコン07

富山:ユリさん

営業の仕事を辞めてから失業給付金の申請にハローワークにいくと、退職理由が会社都合退職になっており、3ヶ月待たずに給付金を受け取れるとのことで驚きました。
退職した会社に確認すると、ちょうど正社員から嘱託社員に落ちるタイミングでの退職だから会社都合になるとのことでした。月に16万円ほどの失業給付金を受け取ることができ、その間ハローワークに通いながらゆっくりと就職活動に励むことができました。

会社員アイコン08

山口県:えみさん

最初に務めていた会社を4年10ヵ月で退職しました。会社都合の退職だったのですが、自己都合退職にされそうだったので失業給付金を貰うために解雇扱いにしてもらいました。
人生初の退職&転職でどうしたらいいかわからずひとまずハローワークへ。
ハローワークの指示通りに諸々手続きしたところ、即失業給付金が受給できた上に月額13万円ほどを約半年も貰えるとわかり驚きました。

さらに、地元が田舎だったため給付期間の延長があり、結果9ヵ月で100万円以上もらったと思います。

会社員アイコン01

島根県:サユミさん

自分は解雇扱いで失業給付金の受給に優遇がありました。即給付で約半年程です。
金額も10万を超えていたので、この期間は貰わないと損だと思い、ハローワークで仕事検索だけしてまともに就活もしてなかっです。ただ、後から知ったのですが自分は4年10ヵ月で退職したのですが5年務めていたら失業給付金をもっと貰えていたようでやめるタイミング間違えたなぁと思いました。
給付切れ1ヶ月前からハローワークで真剣に仕事探して無事就職もできました。

会社員アイコン02

長野県:まいさん

私は以前ハローワークで失業給付金を全額もらった経験があります。私の地域のハローワークでは人口が少ないからか、手続き等は基本的に早く済みました。

私は会社都合の退職のために、失業給付金はすぐに受け取ることができました。また、失業給付金の延長というものに該当しており、通常より長い半年間給付できました。

しかし、その半年間の間に何社も受けましたが採用が決まることはありませんでした。

会社員アイコン03

群馬県:花梨さん

紹介予定派遣の制度を利用して正社員になるはずだったのですが、実際働いてみると、面接で提示された条件とは業務内容が違い、その会社とは契約しませんでした。

それまで雇用保険に入った期間も短く納めた保険料も安かったので、失業給付金はあてにはしてませんでした。

ハローワークで失業の手続きをしたら、今回は自己都合以外での退職という扱いで、所定の日数を待機してすぐに失業給付金がもらえました。
もう一度正社員を目指して求職活動ができ、様々な媒体から応募はしましたが、最終的にハローワークの求人で正社員になれました。

会社員アイコン04

島根県:いまいさん

契約社員として半年ごとに契約して働いていていました。契約満了前に企業の方から次回も半年契約でお願いしますと言われましたが、私は今回の契約のみで退職したいと伝え退職しました。

ハローワークで失業給付金を手続きしたら離職票には自己都合により退職と書いてありました。
これだと3ヶ月の給付制限がかかるのでハローワークに契約書を見せて契約満了の退職だから失業給付金に給付制限はかからないのでは?とアピールしたら給付制限なしですぐ給付できた経験がありとても助かりました。

会社都合の退職の場合、7日間の待機期間はありますが、3ヶ月の給付制限期間がありません。
自己都合対象ではないからすぐに失業給付金が出る!と思われがちですが、これはタイミング次第です。
必ず「雇用保険説明会」に出席しなければならず、この後、受給資格証が発行されます。

この受給資格証がなければ失業給付金を受けることはできません。
雇用保険説明回は定期的に行われていますが、タイミングが悪いと説明会が終わったばかりの日程で、次の説明会まで待たなければいけません。

自己都合退職なのにすぐ失業給付金が支給されるケース

自己都合退職なのにすぐ失業給付金が支給

会社員アイコン01

秋田県:のぞみさん

結婚と引っ越しで退職したときに、ハローワークへ行きました。遠方への引っ越しだったので、失業給付金はすぐに受け取ることができました。

ハローワークへは、運転免許のない私は自転車で通うしか移動手段はありませんでした。失業給付金を受け取っている間に妊娠をしたのですが、つわりでふらふらになりながらも通ったのを覚えています。

ハローワークへ行く途中で倒れそうになりましたが、何とか最後まで受け取ることができました。

会社員アイコン06

東京都:いくみさん

結婚と夫の転勤が重なり給付制限なしでハローワークから失業給付金を受け取ることが出来ました。初めて失業給付金を貰った際は結構金額を貰えたのでびっくりしました。

ただ給付中は扶養に入れなく税金を支払うので結局手元に残るお金は少なくて残念でした。ハローワークにも行かなくてはいけないので正直めんどくさかったです。

会社員アイコン07

山口県:つぐみさん

一年数ヶ月の間に2度失業したので、ハローワークで失業給付金を二度申請しました。

二度目は結婚による転居が要因の退職だったため自己都合に近かったのですが、ご担当の方のご配慮により、失業給付金を即時発給してもらえるような方法をご教示いただきました。
結局その後すぐに再就職が決まったのですが、ハローワークのご対応には感謝しています。

会社員アイコン08

茨城県:よしださん

主人の転勤のため退職しました。でも退職理由は自己都合となっていたため、失業給付金は待機日数+給付制限の日数を待ってからもらえると思っていました。

ハローワークで手続き中に主人の転勤の話をしたら、話が変わり、主人の会社から転勤証明書をもらって手続きしたら、給付制限の日数はなく、すぐにもらえることになり、びっくりしました。

その後もハローワークへ通い、求職活動はしていましたが、なかなか決まらず、失業給付金は満額もらえました。

会社員アイコン01

青森:ゆきさん

結婚し遠方に嫁ぐために7年間勤めた会社を退職。

引っ越し後に失業給付金の申請のためにハローワークへ行くとビックリ。自己都合退職なので失業給付金が出るのは90日後からだと思っていたのですが、給付制限なしで頂くことができました。私のように遠方に嫁いだ場合は給付制限なしで支給されるそうです。

ハローワークに通いつめたおかげで再就職先がすぐに決まったので満額いただくことはありませんでしたが、失業給付金のおかげで金銭面での負担がなく就職活動出来たのは本当に助かりました。

本来、自己都合での退職の場合、3ヵ月間の給付制限期間がありますが、結婚や配偶者の転勤のために退職した場合、給付制限期間が免除されるケースがあります。

自分があてはまるかどうか、確認してみましょう。

失業給付金をすぐ受け取らないこともできる

会社員アイコン02

北海道:マリさん

子どもを、出産して退職してハローワークへ行き、失業給付金は子どもが3歳になるまで給付を受けない手続きにしました。

子どもが3歳になり、ハローワークへ手続きへ行き、再就職活動をしました。子どもが幼稚園へ上がるまでゆっくりと活動し、失業給付金も受け取る事が出来ました。

ただ、前職の給料が少なかったのもあり、失業給付金は微々たる物でした。それでも無いよりマシでした。

会社員アイコン03

栃木県:みくさん

妊娠・出産により退職し、失業給付金を受給しました。出産のための退職であるため、ハローワークで失業給付金の延長申請を行いました。

申請期間が決まっており退職後すぐにハローワークに行っても手続きができないため、事前に予定を立てて確認をしながら行いました。

産後すぐに新しい仕事を見付けることは難しかったので、給付金の受給がとてもありがたかったです。

失業給付金は「働く意欲のある人」に対して支給されるものです。

妊娠・出産を理由に退職した場合、すぐに再就職するわけではありませんので、支給対象外となります。
この場合、「休業給付受給期間の延長」の手続きをすることで、最長3年まで受給期間を先延ばしすることができます。

失業給付金をもらえなかったケース

会社員アイコン04

岩手県:Oさん

パートで7か月間働いていたことがありました。契約更新されずに終了したのですが、最初から契約の更新はないというのが条件でした。

ハローワークで失業給付金の対象になるか確認したところ、期間が短いので対象にはなりませんでした。一緒に働いていた人は、前に他の場所で働いていたので失業給付金を受け取っています。

そのため、私はパートを探すか職業訓練を受けるか悩んで、ハローワークの方と面談を行いました。スキルを磨いた方が良いと職業訓練を勧められました。

会社員アイコン05

宮城県:やまねさん

ハローワークで失業給付金の手続きをしようとしましたが、カウントの取り方がわからず失業給付金が受給できませんでした。

ハローワークの人が言うには一か月という単位だけではなく、半月みたいなカウントもあるようで、自分は0.5足らないでそれに満たしてないという事を指摘されました。

色々策をつくしましたが結局万策つき受けられませんでした。

失業給付金を受けるには、1年以上雇用保険に加入していなければ受給資格がありません。
これは1ヶ所の事業所に1年働いて雇用保険に加入するということではなく、他の事業所で加入していた雇用保険の通算になります。

ただし、雇用保険の加入が1年以上あいてしまうと、通算できずリセットされます。

失業給付金を受けながら職業訓練

失業給付金を受けながら職業訓練

会社員アイコン06

埼玉県:はつねさん

失業給付金を受けていたときのことですが、ハローワークからの勧めもあり職業訓練について調べたことがあります。

失業給付金の期間が終わっても支給が延長されたり、職業訓練に通っているときはハローワークで手続きしなくて良いなどいろいろメリットもありとても良い制度だと感じました。

就職する前に、学校に通いスキルをつけるのも今後とても役に立つと感じました。
職業訓練は、早く再就職できるよう、技術や知識を身につけるための制度です。
どんな職業訓練があるのか、ハローワークから案内があります。

この制度を使っていると、3ヶ月の給付制限が免除され、職業訓練期間がが失業給付期間を過ぎる場合、訓練が終わるまで給付期間を延長することもできます。

また、毎月失業認定日にハローワークに行かなければいけませんが、訓練校が代行してくれるため、受給者はハローワークに行かなくても職業訓練を受けながら、失業給付金も受けることができます。