退職してから転職先を決めた3つのケース~後悔はなし!

退職してから転職先を決めた3つのケース~後悔はなし!

退職理由は人それぞれ。色んな理由があります。
仕事や会社に不満があったり、自分のスキルアップのためだったり。
中には退職したくないのに退職せざるを得ない場合もあります。

今回は退職してから転職先を決めた3人の方の体験談です。

スキルアップのために退職を考えた~真菜

スキルアップのために退職を考えた~真菜

誰もが知っている大手の有名企業に勤めていました。
しかし、大きい会社だと自分が関われるのは、会社の業務のほんの一部です。

私は受注業務を担当していましたが、製品の知識はほとんどなく、製品について聞かれると他の部署を案内します。
注文は受けても請求書は見たことがありません。

疑問があっても、スキルアップしたいと考えても実際には与えられた仕事をするしかないのが現状でした。
このままでいいとは思えませんでした。

退職前の引継ぎが多忙

退職前の引継ぎが多忙

一般事務で就職しているので、配置転換を希望しても取り合ってもらえません。

どんどんと会社の風通しの悪さ、小回りの利かないところ、などが目についてしまったので、退職を決意しました。

退職する前に転職先を決められるのが一番良いのですが、私は引継ぎや残務整理に追われてしまって転職先を決めることができませんでした。

出勤最終日は定期券も返却しなくてはならず、帰りは切符を自分で買うことになり、ちょっと疑問に思いました。

退職して気づいたこと

退職して気づいたこと

しかし、退職してみると、労働組合が強い会社だったので、とても福利厚生が整っていることに気がつきました。

退職金はいつもの給与振り込みの口座から変更することができます。

離職票などの必要書類はすぐに送られてきましたし、ハローワークでの雇用保険の手続きの仕方のパンフレットも同封されていました。

退職金もきちんと支給されていました。

これはひと昔前にとてもすごいストライキがあり、工場がストップしてしまった事によるものだそうです。

勤務していた時は保養所もないし、割引になるスポーツ施設もない、社員割引もなく、社員食堂もありませんでした。

他社と比べてみると……

退職してみてわかることもたくさんありました。

給与は手当が充実していたこと、自動的に給与から積み立てられていて、退職金にプラスされていました。

上司は私たち女性社員の仕事内容もきちんと把握していました。

のちに他社で派遣社員として働くようになって、上司が女性社員の仕事内容を把握していないことが多いことに驚かされました。

もう少し、殿様商売でなければよかったと思いました。

退職後の転職活動

退職後の転職活動

転職先を探すにはまずは業界について知る必要があると思います。

同じ事務とは言っても、メーカーと銀行、商社では全く異なるからです。転職先を探すには、いろいろな方法を同時進行で行うと効率的だと思います。

ハローワーク、雑誌、転職サイトなどです。

また同じ会社でも総務と営業では仕事内容も文化も異なりますので、どの部署に配属されるのか、仕事の仕方はどのようなものなのか、確認すると良いでしょう。

私は転職期間中に旅行に行って、パソコンスクールに通って使えるソフトを増やしたりしながら、転職先を探しました。

ただ連絡を待つだけでなく、充電もできて良かったと思います。

不満だらけの会社を退職することに~和哉

不満だらけの会社を退職することに~和哉

退職しよう!〇〇に転職したい!と思って退職したというよりも、不満点についてきちんとリサーチして上司にもぶつけた結果、こんなところなら退職した方がマシだな……と思って退職に至ったというのが実際のところです。

退職前には、同僚や先輩にも不満点をぶっちゃけて、上司に直接言ってみるべきか、後を濁さず、一身上の都合で退職するのか、それとも我慢して働くのか。

というところは悩みましたが、一つだけ言えることは、相談された相手も「上司に直接言ってみる」を勧めます。

半分諦めの心境

今思うと、自分も不満には思っているけど、直接言うと働きづらくなるとか昇給に差し障る。でも、他の人が言ってくれるなら代わりに言ってもらい、あわよくば改善されたら自分もおいしい。という心境だと思います。

結局、上司が聞き取りをした結果、「他にそんな不満を言う人はいなかった。」で一蹴されておしまいでしたが、 そんなことだからこんな環境なんだよ!と吹っ切れました。

かといって、別に事を荒立てることもせず、退職届を書き、きちんと1ヶ月勤めてから退職しましたが、その1ヶ月間も同僚達は不満を口に出してました。

スポンサーリンク

転職先がなくても退職したかった

転職先がなくても退職したかった

転職先を見つけてはいませんでしたが、自分が評価されないこと程やりがいを感じないことはないな。と退職に踏み切りました。

待遇や勤務条件などで比較して、退職を踏みとどまるのも賢い選択かもしれませんが、退職・転職したいと思う時には、待遇や条件面で満たされているということではないのではないかと思います。

ということは、早めに見限って次のところに転職してスタートした方が、精神的にも健全なのではないでしょうか。

やりがいがあれば、給料は多少見合わなくても頑張れるかもしれないし、やりがいはないけど給料はいいし楽だし。

と思うときは転職は考えないでしょう。

退職・転職はやりがいがネック

退職・転職はやりがいがネック

私は何度か退職・転職を繰り返していますが、あの会社に戻りたい。と後悔したことは一度もありません。

もちろん転職先を決めるときには、最初は待遇や条件面も重視します。

でも、いくつかの職場を経験された人はお分かりかもしれませんが、働き始めるとハローワークなどで最初にみた条件とは違ってくる。というのが大半です。

逆に期待せずに入ったところが自分に合っていたし、評価されてやりがいを感じるということもあるのではないでしょうか。

結局は自分の気持ちの赴くまま、自分が納得できれば当初の収入や勤務条件というのはそれほど大きな要因になるものではないと考えます。

転職する間もなかった退職~弘美

自分の場合、転職など考える暇もなく、無職になってしまいました。
自ら進んで退職したのではなく、倒産・解雇だったからです。
長く勤めた会社をこのような形で退職するとは考えてもいませんでした。

自宅でお風呂にも入り、パジャマに着替え、1階の電気を消して2階で寝る準備をしていたところにチャイムが鳴りました。

こんな時間に誰だろうとインターフォンをとると、勤務先の店長でした。
慌てて玄関に出ると、告げられたのは
「会社が倒産した。今日付けで全員解雇。退職だから。」

絶句するとはこのことです。
だってその日も普通に仕事をしてきているのですから。

100人以上の退職者

100人以上の退職者

会社は中小企業で解雇・退職扱いとなったのは100人以上でした。
残務整理のため翌日会社には出向きましたが、入り口はもちろん施錠してあります。
ノックをすると店長が入れてくれました。

やがて入り口の貼紙を見入る債権者達が押し寄せ、無職になる状況より、今置かれているこの状況がとても恐ろしかったです。

転職先の斡旋

各店舗を社長と弁護士2名が訪れ、皆に詫びるとともに、同業他社が優先的に転職先として受け入れてくれる体制が整っていることを告げられました。

ですが、自分は名乗りをあげませんでした。長年働いてきたのもあり、少しゆっくりしたいと思ったのが正直なところです。
ですが、解雇した社員のために、同業他社に掛け合ってくれた社長には感謝をしています。

会社都合の退職

会社都合の退職

会社都合の退職とは、要は「解雇」ということですが、自分に非があっての退職ではないため、後ろめたい気持ちはありませんでした。
雇用保険も長期間勤務していたため、失業保険の適用期間が180日あり、自己都合の退職では3ヶ月ほど失業給付金が出るまで期間がありますが、会社都合はすぐに給付されます。

ゆっくり転職先を探せばいいかとのんきに構えていました。

すぐに転職先を探さなかったわけ

すぐに転職先を探さなかったのは、しばらくゆっくりしたいと思ったほかに、金銭的に苦しい思いをしなかったからです。

倒産した会社が、国の立替払い機関を使い、退職金を出してくれました。
パートさん達にはありませんでしたが、社員、準社員にはある程度の退職金が出たのです。
更には弁護士から連絡があり、会社の商品を処分した際の売上金が、解雇された社員に分配されました。
これもある程度まとまった金額だったのです。
退職したら、数ヶ月暮らしていくのに困らないお金を手にしました。
健康保険の任意継続など、自腹を切るお金があっても余るほどだったのです。

すんなり決まった転職先

すんなり決まった転職先

退職をしてから、それまで必死に働いてきた時間を取り戻すかのように日々を楽しく有意義に過ごしました。
ですが、失業保険が出る期間は限られています。

そろそろ失業保険が切れるという頃、重い腰をあげて転職先を探しました。
ハローワークには通っていましたので、それまでとは全く畑違いの業界へチャレンジしてみることに。

十数年ぶりの筆記試験、小論文はボロボロだったらしいのですが、面接でくらいつきました。
ここじゃなきゃダメなんです!この仕事がしたいんです!と食らいついたのです。

圧迫面接で、他に行けとも言われたのもあり、諦めていたところ、まさかの採用通知。
初出社の日が、失業保険が切れた2日後というタイミングでした。

退職して全てが良い方向へ

誰もが退職をすると転職先を必死に探すと思います。

自分の場合、180日も失業保険の給付日数があり、会社都合の退職だったため、すぐに給付が開始されたこと。
退職金や、弁護士を通してお金がある程度入ってきたこと、失業保険の給付が終了してすぐに次の仕事を始められたこと。
そしてその転職先に勤務してもう10年以上になります。

もしかしたら、仕事が中々決まらずに途方に暮れていてもおかしくありませんでした。
それが、1社目で採用が決まり、今思うと何もかもがラッキーだったのだろうと思います。

倒産した会社の元社長は今でも解雇した社員を気遣い、折に触れて連絡をくれます。

確かに会社は倒産しましたが、会社や元社長を恨んではいません。

元社員の将来に対し、とても配慮してくれましたし、その会社で学んだことは、どんな業種に就いても生かされることばかりで、元社長には感謝しているくらいです。